排卵誘発剤にもいくつか種類があります。飲み薬だけでなく検査薬や注射による治療があります。

排卵誘発剤の種類・費用・副作用

排卵誘発剤にはいくつか種類があり、また内服薬・注射タイプと区分されています。

★内服薬

・セキソビット
セキソビットは『シクロフェニル』という成分でできているため、おもに卵胞刺激ホルモンの分泌を増やし、卵胞が育ち排卵を促す作用があります。
また、排卵誘発剤の中でも最も効果が弱くつくられているのが特徴です。
そのため、他の排卵誘発剤に比べ副作用が起こりにくいとされていますが、体質などにより吐き気や不正出血、嘔吐や卵巣過剰刺激症候群、多胎妊娠や頭痛といった副作用がみられる事があり、完全に副作用が起こらないという訳ではありません。
クロミッドよりも効果が弱いためクロミッドと比べると子宮内膜がうすくなる、子宮頸官粘液の分泌が少なくなるというような症状が起こりにくいとされている医薬品です。

・クロミッド
クロミッドは『クロミフェンクエン酸塩』という成分でできているため、この成分が視床下部の脳下垂体に働きかけて、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促す役目を働かせてくれます。
そのため、軽い排卵症や排卵かきちんとおこなえていても排卵日の特定ができず、タイミング法での妊娠が望めない状況の方に対しおもに産婦人科で処方されている排卵誘発剤となっています。
服用期間はセキソビットとほとんど同じですが、セキソビットは取り扱いしていない産婦人科が多くそのためほとんどの産婦人科ではクロミッドが処方されています。

・テルグリド
テルグリドは不妊の原因を引き起こしてしまう『高プロラクチン血症』に効果を発揮します。
この高プロラクチン血症は、本来出産をおこなった際に乳腺に刺激を与え母乳の分泌を促す作用の働きをしてくれる物質になりますが、何かしらの異常をきたしてしまう事により、出産をおこなっていないにも関わらず乳腺に刺激を与え母乳の分泌を促す作用を働かせプロラクチンという物質が多く分泌されてしまう事によって、月経や排卵を止めてしまい結果的に不妊になってしまう現象が起こる事があります。
テルグリドにはこのプロラクチンを抑制する働きがあるため、排卵障害以外にもパーキンソン病や乳汁漏出症の病気の治療としても用いられていますが、クロミッドのような他の排卵誘発剤とは違い毎日の服用と軽度の排卵障害の治療が基本となります。

★注射タイプ

・hMG注射
hMG注射とは、FSHとLHが配合されているホルモンの注射になっていて、卵胞を成長させ成熟されてくれる働きがあります。
月経が開始された日から数回にわたり注射をおこなう事で、クロミッドの効果をより高いものにするための補助を目的とし、使用される事がありますが、hMGを単体で使用する場合もあります。

・hCG
hCGとは、排卵を促す際に使用する注射でクロミッドやhMGによって成熟させた卵胞を黄体ホルモンと似た作用の働きをしてくれるhCGの注射をおこなう事により排卵させる事ができます。
また、hCGは注射後36時間以内に排卵が促されるため、その時間内にタイミング法をおこなうと妊娠できる可能性は高くなります。

排卵誘発剤の副作用

副作用には個人差がありますが、多くみられる副作用としてはおもに下記のような副作用があげられます。

・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
卵巣が過剰に刺激されてしまい卵巣がはれてしまい、お腹の張りや胸水、腹水、呼吸のしづらさといったような症状がみられ、軽症であれば安静にする事によって改善が見込めますが、重度の症状の場合入院などの処置や治療が不可欠となります。
また、クロミッドなどの内服薬で起こる可能性は低いとされていますが、hMG注射などの強い治療で起こりやすいとされています。

・頸管粘液の減少
頸管粘液は排卵が近づくと出るおりもののようなもので、この頸官粘液によって精子が通過しやすくなるようにする作用があり、精子が卵子にたどり着きやすくしてくれる働きをしてくれます。
そのため頸官粘液が減少してしまうと精子が卵子に辿り着きにくくなってしまうといった様な事が起きる状態になってしまいます。

・子宮内膜が薄くなる
妊娠するためにかかせない子宮内膜ですが、この子宮内膜が厚ければ厚いほど妊娠しやすいとされています。
そのため一般的な厚さは8mmと以上とされていますが、理想的な厚さは10mm以上となり、また15mm以上である場合はより着床率が高くなるといわれています。尚且つ、8mm以下になってしまうと薄いと判断されています。

・双子、多胎児の確率
妊娠しやすくなる反面、本来月に一つしか成熟しない卵胞が排卵誘発剤の作用によって複数の卵胞が成熟してしまい、多胎妊娠の確率が上がってしまうといわれています。
しかし、hMGの注射では約20%の確率ですがクロミッドの場合約5%とされているため、過剰な心配は特に必要ありません。

・持続使用による効果の低下
どのような医薬品であった場合でも持続して使用を続けると効果が薄れてしまうといった様な事があげられます。
通常6周期使用しても効果がみられない場合治療の変更や服用の停止をおこないます。

排卵誘発剤の費用

排卵誘発剤は健康保険などの保険が適応されるため、初段階の時点で高額な金額を請求されるという事はありません。
しかし、薬の増量や病院によって保険適応外となってしまう場合がありますので事前に確認をおこなう様にしましょう。

内服薬にかかる費用
内服薬は病院によって価格は異なりますが、基本的に注射にかかる費用に比べ安くで入手する事ができます。

内服薬にかかる費用

注射にかかる費用
注射タイプになると内服薬に比べ一気に価格は上がってしまいます。
また、1回の不妊治療に要する回数が10回ほどなので、高額になってしまいます。

注射にかかる費用

この表記は保険が適応となった場合の1回の投与価格になりますが、投与する回数によって価格の変動や、各医療機関により保険適応外により1回の投与価格が2.000円~5.000円となってしまう場合もあります。
また、病院で処方をおこなってもらう際には上記の薬または投与以外にも初診料や再診料、診察料や検査料といった追加料金がかかってしまいますのでご注意下さい。

お得なクロミッド(排卵誘発剤)のジェネリック医薬品は下のリンクから通販できます。

TOPに戻る