痛みとメカニズム|速く効く・長く効く鎮痛剤の使いどころ。今使用中の鎮痛剤は用途に合っていますか?

痛みの役割

痛みの仕組み

痛覚は身体の不調や負傷を知らせる重要なサインです。痛覚を感じなければ負傷したり体調不良のまま、身体が限界に達するまで動き続けます。痛みを伴う事で学習し、行動を抑制する事で痛かった出来事を避けるようになります。

転んでしまうと膝や手を擦り剥いたり、打撲してしまうかもしれないという考えは経験者であれば誰にでも想像は付くでしょうが、痛かったという経験がなければ学習する事は出来ませんし、想像する事しか出来ません。何をどうしたら痛いという事は経験から学習し、同じ事を起こさないように予測する為の重要な事でもあります。

刃物で手指などを切ってしまって出血したという実体験がなくても、恐らく痛いのだろうと予測は付きます。転んだり、ぶつかったり、挟んだり、捻ったり、叩いたり、殴ったりしたらどうなるのか、これら全てを経験してもしなくても痛みの度合いは分からなくても、これまで経験してきた出来事から予測して想像できます。きっとこの程度は痛いのだろう、痛い事は進んでしたくないと判断できます。

痛くなる事を知っている、予測できるからこそ人は、他人に怪我をしないよう注意してあげたり、守ってあげたいという想いも生まれてきます。人間も動物も、痛覚があればこそ生命の危険に気付く事ができます。外傷があれば周囲から見ても怪我をしていると分かり、治療を行う事もできますが、身体の内側・内臓などに異常が発生しても痛む事がなければ気付く術はありません。

頭では理解していても、痛くて辛い時、苦しい時に、痛みさえなければ身体が楽になるのにと思う事もあるでしょう。痛覚は生き物の生命を維持するための大切な感覚です。痛覚がないだけで自分の生活にどれだけの負荷がかかってくるのか想像された事はあるでしょうか。

痛覚を感じない無痛症の方は、痛覚がある人以上に普段の生活に気を配らなければいけません。痛覚を感じず、体温調整ができず、熱さ冷たさも感じないため、いざという時に身の危険を感じにくい体質の無痛症の方は、怪我や危険な事が痛さを伴う出来事とが結びつかないため痛覚を感じる人よりも外出を控え、敏感になって生きていかなければいけません。

痛覚は自分の身体を守るために付いている大切な感覚。それでも多くの人が苦痛と感じる感覚は、身体に起こった変化を知らせる機能が適切に働いている事でもあります。痛覚も生きる上で必要な事と理解し、治療が不要、必要だと都度判断していきましょう。

痛みの種類

女性

鎮痛剤を服用するのは我慢できない程の痛みを感じるからですが、原因、状況、身体の状態によって痛みにも様々な種類があります。人が痛いと実感するのは怪我などにより身体が傷ついた情報が、電気信号によって神経に伝い脳に報せが行きます。脳がその情報を受けて初めて痛みを感じます。

気付かない間に小さな怪我をしていて、怪我をしていると認識した瞬間初めて痛いと感じた事はないでしょうか。そうした小さな怪我は完治が近づくにつれ痛かった場所は感じなくなっていきます。

痛みの種類は大まかに分けて主に3種類

侵害受容性疼痛
切り傷、火傷、打撲、骨折などの炎症や刺激によって痛いと感じる。
怪我をした箇所に炎症が発生し、痛いと感じる物質が末梢神経の侵害受容器を刺激する事で痛くなるため、侵害受容性疼痛とよばれます。ほとんどが急性のものや、肩関節周囲炎(五十肩)、腱鞘炎、関節リウマチ、歯痛、頭痛、など。

神経障害性疼痛
病気など神経の切断・圧迫など神経の障害によって起こる。
神経障害性疼痛は、帯状疱疹治療後に長引いて痛んだり、糖尿病の合併症などで痛む、坐骨神経痛、脳卒中、脊髄損傷など、外側からの目に見えない痛みを生じている場合には、主に神経が原因となっている事が多くあります。

心因性疼痛
心理的、社会的な要因によって起こる慢性的なストレスが心因性疼痛の原因ではないかとされています。身体が痛むけれども検査をしても原因が不明だった場合も、心因性疼痛は原因とされる事が多いのですが、下行性疼痛抑制系が働かない事が原因ではないかとされています。

ストレスが慢性的になると自律神経・免疫系・内分泌系などの不調により自律神経の制御が崩れ、通常では感じないはずの痛みを感じます。

セレコックスやロキソニンなどの非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)系の鎮痛剤は侵害受容性疼痛に対して効果を現します。

侵害受容性疼痛

シナプス

侵害受容性疼痛は体性痛と内臓痛に分類され、体性痛は表在痛(皮膚・粘膜)と深部痛(骨関節・骨格筋など)に分類されます。

侵害受容性疼痛は、その多くが突発的な出来事によって発生した炎症などで、痛んでしまった原因が完治すれば比較的短期間で症状は無くなります。

擦り傷や切り傷などは、2~3日もしくは1週間もすれば炎症も治まってきて日常生活をしていても気にならない程度に回復しますが、痛みが持続する期間が長くなると鎮痛剤を服用しなければいけないほど、日常生活にストレスを抱え込む場合があります。

傷を負った組織に炎症が起き、腫れによって神経が刺激され痛くなります。捻挫した関節や火傷、切り傷の炎症が熱を持って痛んだり、虫歯によって細菌感染し炎症が起こり刺激から痛みが生じてしまうなど、痛みだけでも様々な症状や表現の仕方があります。

表在痛(皮膚・粘膜)
皮膚や粘膜などに現れます。ここからさらに速い、遅いに分けられます。

速い痛み
刺すような鋭さがあり痛む場所が明確。刺激を止める事で消失します。

遅い痛み
速さに続いて起こる焼け付く様な鈍さがあり、身体の広範囲に渡り痛むが場所が明確でない。刺激を止めても続く。

深部痛(骨関節・骨格筋など)
速い・遅いという区別が明確に出来ない疼く様な症状を生じる。骨膜・靱帯・関節包・腱・骨格筋・筋膜・腹膜・腸管膜・横隔膜・血管など。

内臓痛
胃潰瘍・十二指腸潰瘍・急性胃炎・慢性胃炎・胃癌・大腸癌・胆嚢炎・尿管結石・内臓器官など。速さ、遅さの区別が出来ず、締め付けられたように痛むなど、特有の不快感がある。

内臓は痛覚を感じる部位がまばらに分布されていて、肝臓などはほとんど痛覚を感じる事もなく、胃腸に関しては、焼いたり切られたりしても痛覚を感じないと言われています。臓器全体に分布された痛覚受容器が広範囲に渡って刺激されたり急激に収縮したりすると重度の痛みを発生させる。

まとめ

痛みは生命活動を維持し、身体や心の不調を知らせる大事なサインです。しかし、重要なサインも長く続けば慢性化して痛みそのものがストレスとなり、更なる病気や身体の不調を起こしてしまいます。このサインを長引かせるのも速めに完治させるのも自分次第。慢性化させる痛みが身体が原因なのか、心が原因なのかを判断する事で自分の身体と心を守ってあげましょう。

速く効く鎮痛剤が必要な場合と、長く効く鎮痛剤が必要な場合、自分だけで判断する事が難しいようであれば医師や薬剤師などに相談してみるのもいいでしょう。長く続く慢性的な怪我や病気の痛みには、経済的にも負担がかかってしまいます。通院が長引けば日常生活を送るために必要な鎮痛剤すら入手が困難な経済状況に陥る可能性があるかもしれません。

通販を利用して速く効く鎮痛剤、長く効く鎮痛剤が購入できる事も覚えておくと良いでしょう。先に入手しておいて、いざという時に注文しなくてもいいようにストックしておく事ができるのも通販の魅力でもあります。自分を労わってあげられるのは自分だけです。痛みが自分の生活の中心にならないよう、薬に頼る事は自分の生活を安定させるための手段だという考え方でも良いのではないでしょうか。

市販の鎮痛剤の効果

市販の鎮痛剤の効果

市販されている鎮痛剤とセレコックスやコビックス、キソニンはどう違うのでしょうか?例えば、頭痛薬に関しても市販の薬として発売されているものは

・ロキソニンS
・タイレノール
・イブクイック頭痛薬
・セデス

など多くありますが、効果がないもの、または症状を悪化させてしまったりなどする事があります。頭痛が治まらない場合は病院を受診した方が早いでしょう。市販されている鎮痛剤は痛みを緩和させるぐらい、気休め程度と思ってもらっていいでしょう。

特に偏頭痛には市販の鎮痛剤では頭痛を抑えられませんやはり市販されていない医師が処方してくれる薬に限ります。重度の頭痛にセレコックスはも対応しています。ロキソニンも効果は高いと思います。しかし偏頭痛には効果のほどは薄いとされています。

あらゆる痛みに効果的

あらゆる痛みに効果的

歯痛の時にも歯医者さんから良くロキソニンやボルタレンを処方してもらったとは思います。セレコックスは歯痛、抜歯後の痛み止めにも効果を示します。主成分のセレコキシブは鎮痛剤としてはかなり万能な薬なのです。それでいて、副作用も軽減されているのです。神経痛、関節痛にも効果は高いです。

そして何よりセレコックスのいい所はロキソニンとは違い副作用がかなり軽減されているという事です。だから年配の人でも安心して飲む事ができるのです。セレコックスはありとあらゆる痛みに効果的で、そして体に優しい安全な鎮痛剤です。通販で前もって購入しておくことをお勧めします。

市販薬の「第1類」「第2類」とは

市販薬の「第1類」「第2類」とは

市販薬の中でも「第1類」「第2類」と分かれてはいますが、あれは何だろうと思った事はあると思います。どれを選べばいいのかと考えたことはあるとは思います。市販薬は副作用のリスクにより分類されています。いずれも処方箋がなくとも購入はできるのですが、第1類を販売できるのは薬剤師さんのみです。

市販薬の中でも効果が高いとされています。薬局に陳列されていても、薬剤師が不在の場合は購入することができません。「第2類」は比較的に副作用がある薬の事です。症状により、薬は選ぶようにしましょう。そして薬剤師さんがいたら、話をして症状にあった薬を選んでもらうようにしましょう。

市販薬のメリットとデメリット

市販薬のメリットとデメリット

まずメリットとしてあげられるのが、薬局、ドラッグストアで購入する事ができるという事です。処方薬は病院でしか処方してもらえません。デメリットは値段が高いという事と、効果がそこまでないという所です。市販薬の鎮痛剤はデメリットの方が多く見受けられます。軽症でしたら簡単に市販薬で済ませられますが、痛みが長引くようでしたら市販薬は止め、病院で処方薬を飲みましょう。

処方薬の効果が高い理由

処方薬の効果が高い理由

処方薬はお医者さんが症状を見て、オーダーメイドした薬です。個人の体型、年齢、症状に合わせ種類や量を決定します。処方薬の成分も医師が研究を重ねて作り出した成分をふんだんに調合しています。市販の薬は有効成分が抑えられ製造されているので、やはり軽い症状にしか効果はありません。

処方薬が慢性頭痛に効果的なのは、きちんとした医学的な理由があるのです。効果の高いセレコックスやロキソニンのような処方薬を入手するのでしたら、やはり病院に通院するか、通販を利用するしかありません。通販でしたらセレコックスのジェネリックのコビックスも安く購入する事ができるので大変お勧めです。

しかも、通院をせずに自宅で鎮痛剤を受け取る事ができます。仕事をしている人にとって、通院をするのは、とても大変な事です。医療機関は大体、6時程度で診療は終えてしまうので、休みの日を返上して通院をしないといけません。そうなるとやはり厳しいものです。

そういった人のためにも通販を利用する事をお勧めします。24時間、インターネットの環境があれば、いつでも注文する事ができます。ただでさえ、時間のない現代社会と言われています。通販のような便利なものはどんどん使っていきましょう。購入も大手通販サイトとほとんど同じやり方でとても簡単に購入する事ができます。

鎮痛剤とは

鎮痛剤とは

鎮痛剤とは読んで字の如く痛みを鎮める作用のある医薬品の総称です。一般的に痛み止めと呼ばれています。主に中枢神経系・末梢神経に作用し痛みを和らげます。

鎮痛剤の種類

鎮痛剤は、中枢神経系、末梢神経系に対し、様々な痛みに作用し鎮痛剤の種類としてアセトアミノフェン、サルチル酸、アセチルサリチル酸、イブプロフェン、ロキソプロフェンのような非ステロイド性炎症薬(NSAIDs)などがあります。

このように鎮痛剤と言っても多くの種類があるので、鎮痛剤というとどういった痛みにも効果があると考えがちですが、原因が何かを知った上で使い分ける必要があります。痛みの種類にあった鎮痛剤を選びましょう。医師、薬剤師に相談して選択してもらうのがいいでしょう。

鎮痛剤の効果・役割

鎮痛剤の効果・役割

炎症になると、発熱、疼痛などの反応を起こす事がわかります。風邪をひいた時に熱が出ますが、これは菌から身を守る為に炎症反応が起こっているためなのです。他にも、関節炎などにより炎症が起こり痛みを出る場合もあります。

要するに炎症を抑える事ができれば、痛み、発熱、陣痛を抑える事ができるのです。そして、これらの炎症を抑える協力な薬としてあるのが、ステロイド性抗炎症薬です。

しかし、ステロイドは副作用が強いので、多少の痛みなどの場合などには通常は使用しません。そこで副作用も抑えられた非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を利用します。

鎮痛剤で注意する点

鎮痛剤は薬局やドラッグストアでも購入する事ができます。頭痛、歯痛などで、痛み止めを飲むことはいいのですが、鎮痛剤はあくまでも一時的に痛みを緩和させるものであります。

例えば、歯痛の時に鎮痛剤を飲めば一時的に痛みはおさまると思いますが、しかし、痛みが治まった場合は、直ちに歯医者に行って治療するようにしましょう。痛みがあるたび鎮痛剤の服用を繰り返すと薬の耐性がつきやすくなり、効果が薄れたり副作用が出やすくなる恐れがあるので、注意が必要です。

お勧めの鎮痛剤

お勧めの鎮痛剤

病院で処方してもらえる最も痛み止めとして効果の高い有名な鎮痛剤としてあげられるのが、セレコックスとロキソニンです。鎮痛剤としてこの2つの薬はお勧めだと言えます。このお勧めの2つの薬の作用の違いをまとめてみました。

・ロキソニンは、胃の保護作用があるCOX-1と、炎症や発熱、痛みを引き起こすCOX-2と両方、阻害するために副作用として胃が荒れてしまいます。

・セレコックスは、COX-2しか作用しないために胃を荒らす事なく安心して痛みを止める事ができます。薬の効果には個人差などがありますので、人により効果があるもの、ないものなどはありますので、その辺は服用して確かめてみて下さい。

鎮痛剤セレコックス

鎮痛剤セレコックス

セレコックスとはロキソニンと同じ、非ステロイド性鎮痛抗炎症剤に属します。主成分はセレコキシブです。1999年にアメリカで発売され、欧米から欧州まで、100ヶ国以上で承認されている、人気の高い鎮痛剤です。効果も高く世界で最も使用されている鎮痛剤です。

セレコックスには100mgと200mgとがあり、痛みが強い場合は200mgを使用しましょう。セレコックスはロキソニンと比べて、効果の持続時間が長いので、飲み方は1日に2回の服用で大丈夫なんです。

それはセレコックスの効果の持続時間が長いので、通常の鎮痛剤は1日に3回の服用をしないといけないのですが、セレコックスはたったの2錠でいいのです。そして関節リウマチの痛み、腰痛、外傷、抜歯後の痛み、頭痛、生理痛など多くの痛みに効果的です。

またコビックスというジェネリックもあるので、費用を抑えたいという人は通販でコビックスを購入する事をお勧めします。セレコックスと同等の効果を得られる事ができます。

鎮痛剤ロキソニン

鎮痛剤ロキソニン

ロキソニンとは腫れや痛みを和らげ、そして熱を下げる非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤の中でも特に有名です。主成分はロキソプロフェンナトリウムです。風邪、生理痛、頭痛といった日常的な病気から痛み止めに始まり、歯痛・抜歯後の鎮痛から、様々な病気に幅広く活用されています。

特徴としては即効性があるという事が1つあげられます。ただし即効性がある分、効果の持続時間も短く、痛みがずっと続くような場合はセレコックスに切り替えた方がいいでしょう。

その辺は病気の症状、怪我の症状、痛みの状況などによりロキソニンかセレコックスか選んだ方がいいでしょう。そしてセレコックスと比べて副作用が多い所もあります。しかし、知名度で言えば、セレコックスよりも有名です。

鎮痛剤コビックス

鎮痛剤コビックス

コビックスはセレコックスのジェネリックです。インドの製薬会社、シプラから販売されています。錠剤タイプの飲み薬です。セレコックスとほぼ同等の効果が得られます。副作用も抑えられていて、効果の持続時間も長いので、長期的な痛みの場合に使用するようにしましょう。

セレコックスと同じく頭痛から神経痛まで様々な痛みを緩和してくれます。費用を抑えたい人は通販でコビックスを購入する事をお勧めします。

痛みを我慢すると?

痛みを我慢すると?

薬が効きにくくなるため、薬はできるだけ我慢して飲まないように、薬は身体に良くないと言われていますが、痛みを我慢し続ける事で自然治癒力が落ちてしまう可能性が極めて高くなります。体にとっては痛みはストレスだと認識されます。

痛みを我慢する事で自立神経は乱れ、より病状を悪化してしまう場合が多いのです。痛みを我慢する事でストレスが溜まり、その影響で自律神経は乱れ、痛みを強く感じ、不安になる、と言ったループを繰り返します。すると脳内物質ではセロトニンが減少し、軽いうつ状態にもなったりします。

考え方にもよりますが、しかし、誰も痛みに対して嬉しい、楽しいと言った感覚を持っている人は少ないと思います。痛みは体が教えてくれる危険信号だと思っていてください。

基本的なものの考え方をしましょう。体に良い事をして、悪い事を控える。この考え方が自然治癒力を高めてくれます。痛みを我慢して良い事は何一つありません。痛みを感じた時はすぐにセレコックス等の鎮痛剤を使用するようにしましょう。

鎮痛剤を通販で購入

鎮痛剤を通販で購入

これらの鎮痛剤は市販されてはいません。入手するには病院で処方してもらうか、通販で購入するかのどちらかになります。病院での処方となると通院にかかる時間、診察料などが掛かりますが、通販を利用して購入すれば、時間も抑えられ、費用も抑えられるのでかなりお得です。

病院での処方となると、仕事をしている人であれば、まずは通院する時間を工面する事が大変になると思います。そして、費用の面でも毎度、診察料は掛かりますし、そして通院に掛かる交通費も含めると結構な費用になってしまいますが、通販を利用する事でそういった事は全て解消されます。通販ではまとめて購入する事で費用を更に抑える事ができます。

通販なので時間など気にしないで24時間いつでも注文する事ができます。しかし、通販サイトは気軽に購入でき、そして費用も抑えて購入できメリット尽くしかも知れませんが、デメリットもあります。中には通販サイトでも心無い悪徳通販サイトも多くあります。偽物の薬を送りつけたりするサイトもあります。

通販サイトで購入するときはその辺は慎重に選びましょう。通販サイトを選ぶポイントはしっかり抑えておきましょう。鎮痛剤は緊急時のために常備しておく事をお勧めします。関節痛、外傷後の痛み、歯痛など、いつ起こるか分かりません。備えあれば憂いなしです。安全な通販サイトを利用し、いつでもお薬を購入できるようにしておきましょう。

セレコックスとは

セレコックスとは

痛み止め、鎮痛剤として病院で処方される人気の薬です。セレコックス以外に鎮痛剤としてもキソニンという薬も有名です。大体、鎮痛剤として処方されるのはセレコックスとロキソニンです。セレコックスの特徴は副作用が少ない所にあります。主成分はセレコキシブで非ステロイド性鎮痛抗炎症剤で、別名NSAIDsの一種に分類される鎮痛剤です。

セレコックスの効果

セレコックスの効果

セレコックスは炎症を鎮め、腫れ、痛みなどを抑えてくれる効果があります。主に関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症などに多く使用されます。また、頭痛、生理痛、筋肉痛、外傷、抜歯後の消炎の鎮痛にも使われます。

同じ鎮痛剤として有名なロキソニンより副作用の胃腸障害が少なくなっています。そして、一般的に痛み止めの効果としては、ロキソニンよりセレコックスの方が強いと言われています。

・変形性関節症
・関節リウマチ
・腰痛症
・肩関節周囲炎
・頸肩腕症候群
・関節通
・外傷後、抜歯後の消炎・鎮痛
・生理痛
・頭痛

セレコックスの飲み方 セレコックスの飲み方

関節リウマチ等の鎮痛の場合

通常セレコックス1回100~200mgを1日2回、朝、夕食後に使用します。関節リウマチの場合、効果が出るまでは多少、時間が掛かる場合があります。普通、鎮痛剤(ロキソニンなど)は1日3回、服用しますが、セレコックスは1日2回の服用で痛みを和らげてくれます。これはセレコックスの効果が長続きをするので2回の服用だけで済むのです。

ロキソニンは即効性はありますが、セレコックスはじっくり、長く効果を発揮するといった感じです。長く効果が発揮するという事から、痛みが時間を問わずずっと続くような場合は、ロキソニンよりセレコックスを飲む方が適しています。

手術後、外傷後、抜歯後の消炎、鎮痛の場合

状況にもよりますが、初回で400mg、初回以降は1回200mgとして1日2回使用する場合があります。その辺は医師の指示に従いましょう。なお、1回目の服用後は必ず6時間以上の間隔を空けるようにしましょう。

効果的なセレコックスの飲み方

効果的なセレコックスの飲み方

セレコックスが効かないと思った場合に、セレコックス100mgを2錠使用する方法もあります。正しい用法、用量を守ってもセレコックスが効かない場合はセレコックスが適してないという事が多いです。医師、または薬剤師に相談して他の鎮痛剤を使用しましょう。

セレコックスの注意点

以下の飲食物と飲み合わせは注意しましょう。
・海苔
・わかめ
・バジル
・昆布
・ひじき

マグネシウム、アルミニウムを多く食品を摂取している場合は飲むタイミングには気をつけましょう。その理由として薬の成分がマグネシウム、アルミニウムに反応して弱まったりする恐れがあるからです。なるべくでしたら、セレコックスを服用すると分かっている場合は、それらの食品は避けるようにしましょう。

鎮痛剤はただでさえ、胃腸に負担を掛けてしまうものです。アルコールと一緒の服用は控えるようにしましょう。そして、空腹時の服用も控えるようにしましょう。空腹の状態だとセレコックスの成分をより吸収してしまう可能性があり、胃を荒らす原因となります。なるべくでしたら控えるようにしましょう。食事の後に服用するようにしましょう。

セレコックスの副作用

セレコックスの注意点

一般的に用いられる鎮痛剤に比べると副作用は比較的穏やかで、どれも軽度なものとされています。比較的多く報告されている副作用は以下となります。

・肝機能障害
・胃腸障害
・口内炎
・悪心
・眠気/p>

その他、以下の症状が出ましたら、服用を中止し医師、薬剤師に相談するようにしましょう。

・ショック
血圧低下のために失神、意識の消失、チアノーゼが見られる。呼吸困難になる。

・アナフィラキシー様症状
悪寒がする、口唇浮腫ができる、口内に違和感がある、かゆみや発疹ができる。吐き気、嘔吐する血圧が低下、けいれんがおこる。

・消化官出血
吐血、貧血になる、疲れやすく、顔が青白くなる、低血圧になる、手足が汗ばむ、足が冷たくなる、異常な眠気がある

・心筋梗塞
狭心痛、嘔吐、心臓の激しい痛み

・脳卒中
激しい頭痛がする、麻痺、感覚障害がある、視野障害が起こる。めまいがする。意識障害が起こる。

・肝機能障害
倦怠感が増大する、食欲が低下する、呼吸が困難になる、黄疸になる
・感覚器
耳鳴りがする、回転性眩暈、耳痛がある、聴力が低下する

セレコックスの副作用

セレコックスを使用してはいけない人

・妊娠末期の方
・授乳中の方
・15歳未満の子供

妊娠末期の方、15歳未満の子供は使用してはいけません。授乳中の方の場合は止むを得ず使用する場合、薬が効いている時は授乳は避けるようにしましょう。その他、服用している薬などあって、不安な方がいましたら医師に相談するようにしましょう。

セレコックスを通販で購入

セレコックスは医師の処方箋がないと、入手する事ができません。なので、病院、または専門クリニックに通院しないといけません。しかし、コビックスでしたら通販で購入する事ができます。コビックスはセレコックスのジェネリックなので、セレコックスとほぼ同等の効果を得る事ができます。

価格も安いし、病院に通院する事なく通販で購入できるので、お勧めします。
病院やクリニックに通院となると、仕事をしている人などに取っては、時間の問題などがどうしてもネックとなってしまいます。通販でしたら、24時間いつでも注文することができるので、時間の問題は解決することができます。

セレコックスを通販で購入

しかも、費用も抑えられます。通販で購入する事は抵抗がある人も多いかとは思いますが、お薬の通販サイトは全て、日本語で対応しています。しかも通販では時折、キャンペーンなども行っていたりするので、その日に購入する事で安く購入できます。

通院の手間も省け、家にいながらお薬を受け取れます。
時間のない人、費用を抑えて鎮痛剤を購入したいと思っている人は通販を利用する事をお勧めします。通販サイト内の口コミや体験談も見て参考にする事もできます。鎮痛剤を持ち合わせていると緊急時などでもすぐに痛みを鎮めることができます。常備しておいた方が何かと便利です。

セレコキシブとは

セレコキシブとは

キソニンも同じ痛みを抑える鎮痛剤で、作用自体は非常にセレコックス、コビックスと良く似ているのですが、たった1つだけで違います。それはロキソニンだとアスピリン喘息を誘発してしまう恐れがあるという事です。

成人後に気管支炎喘息を患う人に多いアスピリン喘息という症状を患っている人に対し薬局などで市販されているボルタレン、バファリン、ロキソニンなど有名な鎮痛剤を使用した場合、重度の発作を起こす事があります。

アスピリン喘息の厄介な点は、成人後に発症してしまうため誰もがこの症状を発症させてしまう可能性がある上、難治性で未だ確かな治療法が見つかっていない点です。原因の多くがダニ、カビ等ですが他にもウイルスや細菌感染やカゼ等でのどが炎症を起こし、慢性化する事で気道が過敏状態になり、些細な刺激で気道の収縮を招く原因になるのです。

アスピリン喘息はロキソニン、ケロリン、バファリンの解熱鎮痛剤の成分により発作などを引き起こします。アセチルサリチル酸という主成分の解熱鎮痛剤をアスピリンと言います。
※アスピリン喘息はアレルギー反応に似た症状を起こす疾患です。

アスピリン喘息を患う場合、アラキドン酸からプロスタグランジン合成を抑制すると余分なアラキドン酸からロイコトリエンが大量に生産されてしまします。ロイコトリエンは気管支収縮を起こす物質のため、アスピリン喘息の患者が解熱鎮痛剤を服用すると大量生産されたロイコトリエンにより発作が起こってしまいます。

非アレルギー性とされるアスピリン喘息ですが、塗り薬や貼り薬にも発作が起こるために使用禁忌の薬も多く、これまで非ピリン系解熱鎮痛薬のカロナールが処方されてきましたが、カロナールを服用時にも発作が起こる事がわかっているため、近年は炎症の原因である物質COX-2を選択するセレコキシブが医師により選ばれていますが、アスピリン喘息の場合だと発作が起こる事があるため、医療の場では患者の症状や発作の度合いを見ながら処方されます。

セレコキシブとは

しかし、ここで注意しないといけないのは、COXは細かく分けるとCOX1COX2に分けられます。ロキソニンは両方に作用します。COX1の阻害はアスピリン喘息を誘発するだけではなく、その他、副作用も促すとも考えられています。

そこでセレコックス、コビックスの主成分のセレコキシブはCOX2だけの作用するので、アスピリン喘息がある人でも、安心して飲む事ができるのです。ここでご紹介するコビックスはCOX2だけを選択的に阻害するセレコキシブを成分とし、消化器官の副作用を少なくするために研究、開発された成分なのです。

セレコックス、コビックスが副作用が少なく安全な薬だという事はこの事からでも、立証することができるのです。

ここで非ステロイド抗炎症薬やCOXについてもう少し掘り下げましょう。非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)に属するためステロイド作用もなく、炎症を抑制する効果があります。非ステロイド抗炎症薬の多くは、胃粘膜保護・腎機能保護の役割を持つCOX-1と炎症の原因である物質COX-2を阻害しますが、COX-2だけを阻害する事で、非ステロイド抗炎症薬の中でも非常に高い効果を持ちます。

非ステロイド抗炎症薬の多くがCOX-1まで阻害してしまうために、胃腸障害、腎機能障害を誘引する原因になります。COX-2を選択して阻害するとはいえ、選択率は100%ではありません。一部はCOX-1まで阻害してしまうため、胃腸障害、腎機能障害が服用時に起こる可能性はあります。 他にもCOX-2を選択して阻害する効果を持つ非ステロイド抗炎症薬の、ハイペンとモービックはCOX-2の方を選択する事がたまたま多い傾向にありますが、3つの中で1番COX-2を選択し阻害に長けるのはコビックスです。

長期間に渡り非ステロイド抗炎症薬を服用する必要がある場合、特に胃腸障害が起こりやすいため、長期処方を考えるならコビックスの処方を考える医師も多くいます。これだけ利点がありながらも使用できる例は限られており、解熱薬としての使用ができず保険が適用できないため、使用目的や患者側の経済的負担を考慮して、なかなか処方ができないのが現状の問題点です。

癌により発生する熱、疼痛への適用は認められていませんが、癌緩和学会では長期処方を考えるならばセレコキシブが最も望ましいという見解なのです。現状では医師からも簡単に処方が出来ない事から、コビックスでの治療を望みながら処方が叶わない現時点では、個人輸入サイトなどの通販で個人的に注文して個人的に服用するという方法が残されています。

コビックスとは

コビックスとは

コビックスの有効成分はセレコキシブで、こちらはセレコックスのジェネリック医薬品で、シプラ社が製造販売しています。有効成分は同じですが、セレコックスは医師の処方箋が必要なため、個人輸入でも購入する事はできません。

しかし、コビックスであれば個人輸入を利用して通販の低価格で購入できるため、医師の処方箋も必要なく購入することが出来ます。セレコックスについても紹介していますが、入手のしやすさはコビックスだと言えるでしょう。

有効成分セレコキシブは、副作用も少なくアスピリン喘息を持つ人にも比較的副作用が出にくいと言われますが、医師が患者に処方をしたいと思っていても基準を満たさなければ処方する事ができません。そのため患者が望んでもセレコックスを簡単に処方する事はできないため、ジェネリック医薬品であるコビックスを購入する手段が残されています。

シプラ社とは

コビックスはインドにある製薬会社シプラ社が製造・販売するジェネリック医薬品です。初めての個人輸入だとあまり聞きなれない製薬会社ですが、シプラ社は米国、英国、WHOなど、各国の医薬品・医療製品規制庁に承認されていて、日本の医薬品医療機器総合機構の承認も得ています。

薬の製造施設を30以上も持つため、コビックスだけでなく、抗がん剤や糖尿病薬、心疾患薬など約1500種類以上を世界150ヵ国以上に医薬品を輸出しています。2万人以上の従業員を抱え、本社はインドの都市ムンバイに拠点を置きますが、米国にも進出を果たし拠点も設立しています。個人輸入に慣れた人であれば、インドのシプラ社が製造販売する医薬品は見慣れているかもしれません。信頼できる製薬会社です。

コビックスの効果

様々な痛み、炎症、腫れの症状を緩和します。軽度から重度の痛み、そして痛みから発症する炎症反応も抑えてくれる働きがあります。関節痛、リウマチにも効果を発揮します。ロキソニンのような即効性はありませんが、持続時間が長いので、痛み止めとしてはコビックスの方が重宝されるでしょう。その他、効果については、セレコックスとほぼ同等の効果を得られると思ってもらって大丈夫です。

・関節リウマチ
・変形性関節症
・腰痛症
・肩関節周囲炎
・筋肉痛
・抜歯後の痛み、歯痛
・偏頭痛

コビックスの飲み方

コビックスの飲み方

コビックスは100mg、200mgと2種類があります。関節の痛み、関節痛などの痛みの場合は200mgを飲むようにしましょう。1日の上限は200mgですが、セレコックスと同様に持続時間が長いので強い痛みにも効果を発揮してくれます。

もし、それでも痛みが取れない場合は追加で飲む事はできますが、その場合は6時間以上、感覚を空けてから再度、服用するようにしましょう。もし、コビックスを追加で飲む場合は医師、薬剤師に相談してから飲むようにしましょう。

お酒との併用は控えましょう。アルコールの成分により薬の効きが悪くなったり、また逆に効果が強く出すぎたりする場合があります。また併用してはいけない併用禁忌薬があります。以下の薬はコビックスと併用する事はできません。

・ACE阻害剤
・フロミド
・アスピリン
・リチウム
・フラコナゾール
・フルバスチタン
・パロキセチン
・デキストロメトルファン
・制酸剤

コビックスの副作用

一昔前の鎮痛剤はそれなりに副作用が多かったのですが、コビックスは副作用も大分、軽減されているので安心して服用する事ができます。ロキソニンと比べても、とても安全な鎮痛剤といえます。以下が報告されている副作用です。

・腹痛
・めまい
・消化不良
・軽度な頭痛
・吐き気

命に関わるような重篤な副作用はございませんが、コビックスを服用する際、心血管系疾患や心機能障害、高血圧症の方、セレコキシブに対してアレルギーのある方は、医師に相談してから服用するようにしましょう。

コビックスを通販で購入

コビックスを通販で購入

コビックスは通販で購入する事ができます。セレコックスを病院で処方してもらおうとすると、大体病院の診察代を含めて5000~8000円程度の掛かってしまいます。更に交通費をそこに加えることで費用はかかってしまいます。通販で購入するとなると、1錠は50円程度なので1箱30錠で1600円程度しか掛かりません。

費用を抑えたいという人は絶対に通販で購入する事をお勧めします。しかも、通販で購入となると病院に通院する手間も省く事ができます。仕事をしている人にとっては通院に掛ける時間を工面するのも大変だと思います。通販でしたら、24時間いつでも、どこにいてもお薬だけを注文することができます。

他にも通販では、コビックスの口コミや体験談を見れ、そしてコビックス以外の鎮痛剤、国内では入手できないジェネリックなどもあります。手間も掛けずに費用も掛けずにコビックスを入手する事ができるんです。

コビックス(セレコキシブ)のまとめ

コビックスを通販で購入

メリット
・持続性が非常に優れている為、継続的な痛みに高い効果を持つ。
・COX-2を阻害するため、少ない副作用で高い効果が望める。
・ロキソニンよりも高い解熱、鎮痛作用を持つ。
・ステロイド作用を持たずに炎症を抑制する効果があります。

デメリット
・ロキソニンなどに比べると効きの速さはやや劣るため、継続的ではない突然の痛みには即効性を求められない。
・痛み、発熱となる原因を取り除く効果はない。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍に対して悪化させるおそれがあるため腹痛時には服用できない。
・妊娠中は赤ん坊にも影響を与えてしまうために使用禁忌とされ、妊娠後期の服用ができない。

セレコキシブを服用する事に向いている人
・非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を長期的に服用しなければいけない状況。
・腰痛、リウマチといった痛み抑制が目的になる場合。
・アスピリン喘息の疾患がある。(医師に相談の上服用が望ましい)

高い効果で副作用も少ないセレコキシブは解熱作用や痛みを押さえ落ち着かせる効果はありますが、病気の原因を除去する事はできません。可能ならば原因を取り除いた方がいいでしょう。

TOPに戻る