虫除け併用のすすめ|タブレット|シャンプー|オイル

薬とアイテムの併用で虫除け対策

聴診器を咥える猫

むしむしとした天気が続くと、姿を現して活動を始める虫たちがいます。特にどこからかともなく飛び回る蚊は厄介者です。

人間だけではなく動物たちの肌にも針を刺し、痛みやかゆみ、時には病気を運んでくるため、人間が虫除け対策を行うように猫などの動物にも対策が必要です。

今では動物用の除虫アイテムは数多く販売されています。

予防薬と併用して使用できるアイテムをご紹介しましょう。


首輪で虫除け対策

首輪をする猫

ノミ対策グッズで定番中の定番が、ノミ取り首輪です。一度装着するだけ約3~6ヶ月間ほど効果が持続されることから手間がかからずコストも良いという利点があり、外に出かける猫に使用する飼い主は多いようです。

首輪は蒸発しやすいオイルを使用したタイプと、使用していくうちに粉末状の薬効成分が体に行き届くタイプの2種類があります。

動物病院やホームセンターなどで購入することができますが、病院で処方される動物用医薬品とホームセンターなどで買える市販品とでは薬の効き目に差が生じ、市販品は薬の効果が弱いため完璧にノミの駆除はできません。

また首輪にはその他にも問題点があります。まず、ダニ退治ができないという点。ダニはノミとともに付着率が高く危害を与える寄生虫ですが、ノミ取りの首輪でダニは退治できません。
また首輪から強烈な臭いを発するため、場合によっては猫や人間にも吐き気を感じることがあります。
そして1番注意してほしい点は、誤って首輪を噛んてしまう行為です。首輪に含まれる除虫成分により中毒を起こす場合もありますので使用する際は注意しましょう。


虫除けスプレーの使用

スプレーをかけられる猫

虫除けといえば、虫除けスプレーの存在があります。100%天然成分配合タイプのスプレーもあり、ノミやダニ、そしてフィラリアの原因となる蚊を寄せ付けません。

また河原には、ツツガムシという小さなダニがおり、猫の体表についたツツガムシが人間に飛び乗ることもあります。

しかし虫除けスプレーを使えば小さな虫の退治も行えるようになりますから、必要に応じて使うことをおすすめします。
除虫スプレーには農薬類は一切使用していないものが多く、使いやすいと高評価を受けています。顔以外の体全体に吹きかけ、蚊の刺されやすい春から夏の間は重点的に使用すると良いでしょう。

ただし、使用する際に注意が必要な点があります。まず猫は香りに敏感のため、場合によっては香りによるストレスを与える場合があります。

また市販で売っているスプレーの中には、猫の体質によって分解できない植物性の精油が配合されていることがあります。
分解できないということは、体内に蓄積され続け悪影響を及ぼすこともありますので、選ぶ際は必ず成分表を確認しましょう。

これらの対策グッズは日頃、愛猫がどのような日常を過ごしているかに応じて使うのが一番です。しかし、100%グッズだけでは駆除ができませんので、完全に駆除するには薬との併用をおすすめします。

フィラリア予防とノミ・ダニの駆除ができる飲み薬や皮膚に直接染み込ませる滴下型、動物が食べやすいチュアブルタイプといったタイプがあります。駆除だけではなく新たに体に寄生しないように予防線を張ってくれますので、虫除けグッズと薬の併用で予防駆除が効率的に行えるでしょう。

サプリメントで除虫効果

フリーアウェイ虫除けタブレット

「除虫したいけれども薬の使用は抵抗がある」、「薬を使わずに済む方法はないのだろうか」と悩む飼い主さんもきっと多いでしょう。

薬を使えば確実に除虫ができるとはいえ、それに対する副作用の心配も頭をよぎります。

しかし、除虫できるのは薬だけとが限りません。実はサプリメントがあるのです。

サプリメントは健康維持するための食品であるため薬とは違い、強い副作用に悩ませることはありません。
人間の健康維持のためにサプリメントを活用するように、猫にも虫除けが期待できるサプリメント「フリーアウェイ虫除けタブレット」が販売されています。


フリーアウェイ虫除けタブレットとは

このタブレットは、ノミやダニ、蚊を寄せ付けない効果のある猫用サプリメントです。炭酸カルシウム、シアノコバラミン、葉酸、ナイアシンなどの天然有効成分が配合されており、動物たちが呼吸によって生み出す二酸化炭素のニオイを隠す働きを持っています。

蚊や寄生虫は二酸化炭素に反応して体に寄生し、吸血行為を行います。
つまり、二酸化炭素のニオイを覆い隠せば、血を吸われることはないということです。またタブレットを食べると、人間では感知できない臭気が口から放たれることにより、ノミやダニ、蚊はその臭いを嫌って吸血を避けるようになり、猫の体を守ります。

タブレットの成分は全て天然成分となっているため有害な化学物質が体内に溜まるといった心配もありませんので安心安全に使うことができるでしょう。天然成分以外にも、毛のツヤや皮膚の健康維持に役立つビタミン類も豊富に含んでいます。


使用方法

薬を与えられる猫

1日1回の使用ですぐに効果が現れるのではなく、効力が発動されるまでに約30日かかりますので毎日1錠与えるようにしましょう。1錠の大きさは22mm×9mmと小さいサイズになっています。

猫は人間よりも嗅覚や味覚が優れています。少しでも自分が嫌だと感じたものには警戒心を抱き、たとえ食べ物であっても口にしません。警戒心を持たずスムーズに与えられるよう、タブレットは動物たちが好むレバー風味となっていて工夫が施されています。

現在、発売メーカーであるフリーアウェイから、服用させたことで大きな副作用を発症したという報告は特にありません。

ただし、服用した日の体調やタブレットの成分が体質に適さないことから体の不調をもたらす可能性もあります。
万が一、服用した後になって普段の様子とは違い、体調の変化が見られた場合は直ちにかかりつけの獣医を尋ね、検査を受けるようにしてください。

プロポリスワン・ペット用シャンプーとは

プロポリスワン・ペット用シャンプー

室内外問わず、猫たちの体を清潔に保つために定期的にお風呂に入れている飼い主さんは多いと思いますが、使っているシャンプーにノミ・ダニに対応する成分は含まれていますか?

もしも含まれていないのならば、是非プロポリスワン・ペット用シャンプーの使用をおすすめします。このシャンプーには、ノミ・ダニだけではなく、蚊に対しても有効な天然成分が配合されていますので、フィラリア予防薬のレボリューションブロードラインと併用することでより効果的にお使い頂けます。


天然成分プロポリス

プロポリスという言葉はのど飴のパッケージに記載されているのをよく目にするかと思います。

これは樹液や花粉、植物性の物質とミツバチの唾液に含まれる酵素が混ぜ合わさってできた天然の混合物です。
種類問わず様々な植物の樹液と花粉から成り立っているため、含まれている成分が豊富です。

ミツバチは、プロポリスを巣の内側に塗布することで、自分たちの巣を補強しつつ菌を抑えて死滅させる他、免疫機能を活性化させる力があり、この効果によりノミ・ダニといった寄生虫の引き寄せを防ぎます。

非常に高い殺菌力と免疫力を強化させる力もあることから、プロポリスは動物用に限らず人間用でも幅広く応用されています。


保湿成分コロストラム

ミルク

こちらは別名「天然の免疫ミルク」とも呼ばれています。
コロストラムは分娩後24~48時間の間に、哺乳類の母親の乳腺から分泌される初乳と同じ成分で、赤ちゃんの健康の保持と成長するのに欠かせない重要な栄養素です。

コロストラムには若々しい肌を保てるように、皮膚細胞を刺激し活性化させ保湿力を高める働きがあります。加えて、発疹や皮膚病、傷などダメージを負ってしまった皮膚の修復を導く作用もあります。


レモングラス

レモングラス

天然の虫除けとも呼ばれるレモングラスは、名前の通りレモンのような香りがするハーブから名づけられています。

抗菌と殺菌能力を持ち合わせ、レモングラスの香りは蚊が嫌う臭いでもあります。
多くの虫除けスプレーで使用され、自然の力で猫の体に蚊やノミ・ダニが付着を防ぎます。


かゆみ止め成分

上記の3つ以外に、ジフェンヒドラミンHCI、ソメイヨシノ葉エキス、ボタンエキスも一緒に配合しています。

ジフェンヒドラミンHCIは、花粉症や鼻炎薬に使用されるのが多く、アレルギー反応で起きた皮膚の痒みや炎症を抑えるほか、吸血行為に伴って起こるかゆみの軽減にも繋がります。

ソメイヨシノ葉エキスは、皮膚の赤みや痒みを防ぐだけではなく、保湿効果も兼ね備えています。

植物の牡丹から取れるボタンエキスは血行促進やアレルギー反応の抑制、菌の抑制、炎症を抑える力が備わっています。


使用方法

体を洗う猫

使用する前にまず丁寧に猫をブラッシングをした後、ぬるま湯または水で体全体を十分に濡らします。そしてシャンプーを適量手に取り、優しくマッサージをするようにして被毛を洗っていきます。その後、シャンプーが残らないようしっかりと洗い流しましょう。

天然成分とかゆみ止め成分の配合により「ノミ・ダニで起きたかゆみや炎症を食い止める」、「新たに寄生されないようブロックする」、「蚊が嫌うニオイ成分から身を守る」といった対策が可能となります。また、皮膚が弱く乾燥肌タイプの猫にも使えるシャンプーとなっています。

ニームプロテクトシャンプーとは

ニームプロテクトシャンプー

猫は自由気ままで気まぐれで、目を離した隙に外に出かけていくといった話をよく耳にします。

そのため、室内飼いをしているのにもかかわらずノミやダニが体に付着し、駆除に苦労するといった声も併せてよく聞こえてきます。

また外に出歩かなくとも、近年は飼育環境の変化によって室内にノミやダニが発生し寄生することも不思議なことではありません。

暖かい地域の場合、寄生虫に加えて蚊の活動も活発的です。日頃から虫除け対策をしっかりと行う必要があります。そこでおすすめなのがペット用の天然成分の虫除け「ニームプロテクトシャンプー」です。


奇跡の木の成分

ニームの木

成分はアメリカやヨーロッパを始め「奇跡の木」と呼ばれるニーム(日本名はインドセンダン)という木から採れる「アザディラクチン」という天然成分から作られています。

奇跡の木と呼ばれる理由は、ニームの種子から採取されるアザディラクチンが約200種類以上の害虫の卵の孵化を防ぐとともに、成虫の食欲を妨げ成長を阻止して駆除させる効果があるためです。さらに抗菌や炎症の抑制、傷の治癒力も高く、蚊に刺されることで起こる皮膚トラブルの危険性を下げる効果も期待されています。

また、蚊が苦手な成分でもあるため、刺される確率を下げることが望めます。天然素材であることから猫や人間、農作物にほとんど害は無く、昔から虫除けや皮膚病の予防や治療といった形で利用されています。


使用方法と注意点

体を洗われる猫

安全性を考慮して、必ず生後12週以上経過してから利用するようにしてください。12週を過ぎていたら、年齢問わずご使用いただけます。

使い方は、シャワーで全身の毛を十分に濡らした後、シャンプーを手に取り、頭や背中、お尻、尻尾の流れで優しく揉み込むよう泡立てながら洗っていきます。この時、目にシャンプーが入らないようにし、誤ってシャンプーを舐めさせないよう注意してください。

尻尾まで洗いきったら5分程度待った後、石鹸が残らないよう洗い流していきます。泡切れもよく、余分な皮脂を取り除きながら乾燥をしっかりと防いでくれます。乾かす際にシャワーでは取れなかったゴミを取るようブラッシングしましょう。

これまでシャンプーを使用して現れた副作用の報告は現在のところありません。しかし、使用して赤い発疹や痒がる仕草を見せた際は使うのを止め、動物病院で診てもらいましょう。

猫の皮膚トラブルに悩みを抱えている飼い主にとって、ニームプロテクトシャンプーは最適なシャンプーといえます。
使用していくうちに痒がる様子が減り、夏には欠かせないアイテムのひとつであるという声も聞こえるほどの評価の高いシャンプーです。

虫除けアイテムの必需品

リチャードオーガニクスニームオイル

寄生虫を体内に抱える蚊に刺されると、猫の体に寄生虫が侵入し重大な病気を引き起こす原因となります。

命を脅かす猫フィラリアや下痢や嘔吐の原因となる回虫、血便を起こす鉤虫などが体を蝕み健康状態を悪化させます。

これを防ぐにはまず病原菌を持つ蚊に刺されないことが重要です。

しかし、室内で猫を飼っていても窓を開けていれば蚊の侵入を防ぐことは困難といえるでしょう。そこでオススメしたいのが、虫除けの効果のある「リチャードオーガニクスニームオイル」です。


リチャードオーガニクスニームオイルの効果

名前にもあるニームオイルとは、インド原産の常緑樹のニームから取れるオイルのことで「インドセンダン」とも呼ばれます。

ニームの実を絞って抽出されたオイルにはアザジラクチンという天然成分が含まれていて、オイルを体に塗ることで、蚊などの虫除けの効果を示します。

また虫除けだけではなく、体に付着したノミやマダニの外部寄生虫を除去させる効果や、皮膚炎や外耳症の原因にもなるマラセチアなどといったカビの除去、白癬や湿疹といった患部の治療にも効果があります。


おすすめの使い方

体を洗われる猫

おすすめしたい使い方は3種類。一つ目がペットをお風呂に入れる時、ボトルに入ったオイルをシャンプーと一緒に混ぜて洗う方法です。これだけで蚊やノミ、マダニの虫除けに効果があります。

二つ目は、水と混ぜてスプレーにする方法。ニームオイル0.76mlに対して水100mlをスプレーボトルに入れて混ぜれば簡単に天然成分配合のスプレーが完成します。ペットの体に吹きかけることで害虫から身を守ります。

そして三つ目は、虫除けとしてではなく患部の治療液として使う方法です。リチャードオーガニクスニームオイルには皮膚炎の治療にも効果がありますので、オイルコットンなどで湿らせて炎症箇所や白癬、湿疹が見える患部にトントンさせて塗布することで皮膚を改善させます。

オイルは天然成分100%で作られていますので、液が手についても安心です。


使用上の注意

このオイルは植物から抽出したオーガニックオイルを使用して作られていますので、薬のような副作用が現れることはほとんどありません。

これまで製品を販売しているアメリカ・シナジーラボ社からも副作用の報告はされていませんが、必ず現れないというわけではありません。

薬との併用などでオイルを使った時に発疹などの症状が見られた場合は、使用をやめて動物病院の医師に確認をとるようにしましょう。

TOPに戻る